シミの治療 | 柳沢形成外科 | 宝塚南口駅

電話番号:0797-72-2202

シミの治療

ハイドロキノン

当院では「自由診療(保険外診療)」にて内服、外用、Qスイッチアレキサンドライトレーザーなどによるシミの治療を行っています。部分的なシミの治療にはおもにハイドロキノン外用やQスイッチアレキサンドライトレーザー(AlexⅡ)を用い、顔の広い範囲のシミやくすみ・そばかすなどの治療には高濃度ビタミンCローション外用をおすすめしています。また医療機関専用化粧品も各種取り扱っています。

5%ハイドロキノン

シミは、メラノサイトという細胞でつくられるメラニンが皮膚に沈着した状態です。ハイドロキノンは、メラノサイトの活性を抑制し、メラニンの産生を抑える働きがある『肌の漂白剤』です。

ハイドロキノンを含む化粧品が一般にも入手できるようになり広く使用されるようになりました。しかし、ハイドロキノンは非常に不安定な物質であり、副作用を生じることも少なくないため、赤みや炎症などの皮膚トラブル、シミの悪化、白斑(皮膚の色が白く抜けた状態)などを招くことがあります。そのため、ハイドロキノンをこれから始められたい方や肌の弱い方は、医療機関でご相談いただくことをおすすめします。

ハイドロキノンのはたらき

使い方
当院では、はじめの1週間は1日1回、その後1日2回シミの部分に塗布していただいています。また塗布の際は、洗顔後に化粧水⇒ハイドロキノン⇒日焼け止めクリーム⇒お化粧の順番でお願いしています。
1. 刺激の少ない石けんをたっぷり泡立てて優しくなでるように洗顔します。
洗い流すときにはシャワーをかけるか、皮膚をこすらずにパシャパシャとぬるま湯をかけてすすいでください。皮膚を強くこすらないことが大切です。
2. 洗顔直後は角質層が水分を多く含んでいるため薬剤の浸透性がよくなり、効き過ぎることがあります。
そのため、洗顔後20分程度待ってから塗ることをおすすめします。しかし、20分以上待てない場合は、洗顔後化粧水、乳液等を塗った上からハイドロキノンクリームを重ね塗りしてください。
3. 塗り方は、クリームを少量をとり(よく伸びます)、シミの部分のみに塗ります。
徐々にシミは薄くなりますが、一定以上の効果を得るには最低3カ月以上は継続していただくことが多いです。満足する効果が得られた後も、使用を継続していただいてかまいませんが、一旦中止して再開しても効きが悪くなることはありません。

高濃度ビタミンCローション(5%・10%)

ビタミンC誘導体を高濃度に配合した保湿用ローション(5%・10%)を取り扱っています。通常のビタミンCは皮膚への吸収が悪く、すぐ酸化して活性が失われますが、ビタミンC誘導体は安定性が高くて酸化しにくく、皮膚に深く浸透するので、良好な美肌・美白効果が期待できます。また美肌・美白効果のほかにも、過剰な皮脂分泌の抑制効果、抗酸化作用(活性酸素除去効果)、コラーゲン合成の促進作用、毛穴の引き締め効果などにより、シミ・くすみだけでなく、ニキビやニキビあと、目立つ毛穴、小じわなど多くの問題を改善し、皮膚老化を遅らせます

当院では保湿用ローションと水溶性ビタミンC誘導体を用いて院内で調合してお渡ししています。使用感と使用効果のバランスを考え、5%・10%濃度の2種を用意しており、使用目的やお肌のタイプなどにより使い分けています。保湿用ローションも肌をしっとり整えるヒアルロン酸高配合の化粧水を使用しており、にきびの悪化原因となる成分が取り除かれていますので(ノンコメドジェニックテスト済み)、にきび治療中の方でも安心してご使用いただけます。

ビタミンC誘導体のはたらき

使い方
1日2回朝・夕の洗顔後に用いてください。保湿用ローションを用いており、単体でもご使用いただけますが、皮脂分泌を抑制しますので、とくに乾燥肌の方では乳液、クリームなどを重ねてご使用ください。レーザー治療や、イオン導入の際に併せて用いていただくことも効果的です。

Qスイッチアレキサンドライトレーザー

Qスイッチアレキサンドライトレーザー(米国キャンデラ社製ALEXⅡ)はシミやアザを治療するための医療用レーザーです。レーザーが照射される時間は極めて短いので正常な皮膚へのダメージが少なく安全性の高い治療です。シミの原因であるメラニン色素への吸収率が高く、照射すると光エネルギーは熱エネルギーに変換され、ターゲットとなる皮膚のメラニン色素を選択的、効果的に破壊します。照射の際は、一発ごとに一瞬チクッと輪ゴムではじかれたような表面的な痛みがあります。治療後、照射部位は一時的にしみの色が濃くなったように茶褐色のかさぶたになりますが、1~2週間後には自然にはがれ落ち、しみの色調は薄くなります。以降は3カ月後頃までにしみの色調が少しもどってくることが多いため、ビタミンC外用やビタミンC内服を併用していただくと、より効果的です。

刺青(いれずみ)や太田母斑・異所性蒙古斑といったアザ(アザは保険適応疾患です)も治療が可能であり、多くの場合1~3回のレーザー治療で満足する効果が得られます(※病変によって反応や経過は少しずつ異なります)。

治療後の経過はシミの場合と同様で、3ヶ月程度の間隔で治療の効果判定を行い、必要な場合は追加治療を考慮します。

診療案内

病診連携

スタッフ募集

柳沢形成外科 診療時間表

  • 休診日
  • 午前診のみ
  • 午前診・予約枠のみ
11月
29
診 療
30
診 療
31
午後のみ
1
診 療
2
診 療
3
祝日
4
休 診
5
診 療
6
診 療
7
午後のみ
8
診 療
9
診 療
10
午前のみ
11
休 診
12
診 療
13
診 療
14
午後のみ
15
診 療
16
診 療
17
午前のみ
18
休 診
19
診 療
20
診 療
21
午後のみ
22
診 療
23
祝日
24
午前のみ
25
休 診
26
診 療
27
診 療
28
午後のみ
29
診 療
30
診 療
1
午前のみ
2
休 診
12月
26
診 療
27
診 療
28
午後のみ
29
診 療
30
診 療
1
午前のみ
2
休 診
3
診 療
4
診 療
5
午後のみ
6
診 療
7
診 療
8
午前のみ
9
休 診
10
診 療
11
診 療
12
午後のみ
13
診 療
14
診 療
15
午前のみ
16
休 診
17
診 療
18
診 療
19
午後のみ
20
診 療
21
診 療
22
午前のみ
23
祝日
24
祝日
25
診 療
26
午後のみ
27
診 療
28
診 療
29
午前のみ
30
休 診
31
休 診
1
祝日
2
休 診
3
休 診
4
休 診
5
休 診
6
休 診

よくわかるVビーム治療

ページの先頭へ